安全・安心で人に環境に優しい 新しい発想でより便利な使用環境をお届けしたい それが私たちの想いです
HOME > 特殊吸着シート

特殊吸着シート 『 ピタゾー』

お部屋の壁にピタッとくっついて剥がしても壁を傷めないラクスルー(ボードシート)の吸着素材として新開発した特殊吸着シート『ピタゾー』。いろいろなところに吸着するので、工夫次第で、使い方が広がります。素材の安全性は、ヨーロッパ安全基準EN71-Part3試験でも立証済。両面吸着片面吸着鉄粉入り片面吸着の3タイプがあります。

もう画鋲なんていらない!壁を傷めないサニーの吸着シートピタゾー

「特殊吸着シート」の特長

特殊吸着シート 商品画像


吸着フォームとは
サニーの吸着シートは独自に選定した樹脂の発泡体で、その気泡ひとつひとつが表面で吸盤の役割を果たして色んなところにくっつきます。
接着剤などを使用せずにミクロの吸盤と粘性素材成分でくっつける独自の開発素材です。

特長1 ガラスにくっつく 壁にくっつく

表面の小さな凹凸が吸盤となってくっつきます。サニーだけのオリジナル特殊吸着。
壁を汚さず・傷付けずに写真やポスター、お子さんの絵などをくっつけることができます。
【注意】 くっつかない場所もあります。下記注意文参照
【関連補助製品】・・・くっつきにくい場所でご使用の場合、補強剤として別売りの『くっつき強化補助液』を用意しています。

特長2 剥しても壁面を傷めない

キレイに剥がせる壁面にピタッと貼れて、きれいに剥がせるので、跡が残りません。
(剥がした時に 残留物が残ったり壁面を傷めることはありません)

【注意】 くっつき強化補助液を塗布してご使用の場合は
使用方法及び注意事項を十分にご確認ください。


特長2 剥しても壁面を傷めない

カット自由やわらかい材質なので、はさみやカッターで簡単にカットできます。


リユース吸着フォームは、お手入れをすれば繰り返し使えるので、エコで経済的です。
表面に付着した埃、汚れを水分又はエタノールの成分で拭き取り、十分乾かすと吸着力が回復します。
吸着力が弱くなった場合、別売りのくっつき強化補助液で、長く繰り返しお使い戴けます。


特長3 目的に合わせて選べる2タイプ

1. 両面吸着
  • 両面が吸着素材なのでポスターや大切な写真を傷めることなく、また壁面も傷めずに貼ることができます。
  • (吸着素材の注意点は RakuSuRuと同様です。)
貼ったものも元通り。全部リユース
特殊吸着シート(両面吸着)のご購入はこちら
2. 片面吸着
  • 片面は吸着フォーム、片面は粘着糊が付いているので掲示POPの貼り付けに便利です。
  • 手づくりの学習ツールの壁面・筆記シートへの貼り付けに、貼って剥せて便利です。
しっかり止めて、ちょっと廉価に。
特殊吸着シート(片面吸着)のご購入はこちら
3. 鉄粉入り片面吸着
  • オリジナルに飾れて、磁石も使えます。
  • お好みの素材を貼って、手作りのマグネットボードを作ることができます。
オリジナルに飾れる。磁石も使える。
特殊吸着シート(鉄粉入り片面)のご購入はこちら

使用上の注意

吸着面

  • 場所によっては適度に付着しない場合があります。
■ 貼り付けられない場所
  • 湯水のかかる場所
  • 湿度の高い場所(風呂場付近)
  • ほこり、汚れのある場所
  • 屋外
■ 貼り付けられない素材・種類
  • 砂目の壁、コンクリート面、布目(布の表面)
  • 革製品には、短時間でも吸着させないでください。
  • 高価な製品や素材。
  • 凹凸の激しい面
  • 抗菌・抗カビ、シリコン・フッ素コート面
  • 材質の弱い面
  • 収縮の大きな素材(塩ビ・PPなど)
  • 反りのある素材 又は 経時的に反ってくる素材
    【貼る時のご注意】  

    ガラスやふすま等の壊れやすい面や材質の弱い面などへ吸着させる場合は、十分にご注意下さい。

     

    【貼るもの(掲示物)について】

    反ったり、伸縮性の高い素材を貼る場合

    元々反っていたり、経時的に反ってくるスチレンボードの様な素材や、紙・樹脂フィルム(塩ビやPP等)のような伸縮性の高い素材は、徐々に素材の変化により吸着シートが壁から剥がれて落下することがありますので、その時は吸着シートを端の方に貼らず、中央寄りに貼るか、反り・収縮を緩和させる為、掲示物の裏面に収縮率の低いpetラミネートフィルムを粘着両面テープで予めしっかり貼付け、その上から吸着シートを貼ることをお勧めします。

  ● 画用紙・和紙など、そのままではピタゾーが吸着しにくい素材を壁に貼る場合

そのままではピタゾーが吸着しにくい画用紙・和紙などを壁などに吸着させる方法に、画用紙・和紙側の吸着させたい場所にピタゾーが吸着しやすいようにセロテープを貼り、そこにピタゾーを吸着させて壁に貼るという方法があります。(ただしこの場合はセロテープを剥がすときに画用紙・和紙側を傷めてしまいます。)

  ● 大きなポスターを貼る場合

ポスターなど紙も貼られている環境の影響を受けて収縮します。画鋲でポスターを貼っていると画鋲の穴が自然に大きくなったりするのはこのためです。特に大きなポスターを貼る場合はこの収縮に注意が必要です。ピタゾーをポスターの四隅に小さく貼っただけでは、この収縮によって剥がれててしまう場合がありますので、帯状に大きくカットして多目に貼る様にしてください。

 

    【剥す時のご注意】

    一気に剥すと、吸着具合によって被着体側 もしくは 吸着シート側を破壊変形させたり、掲示物側にもシワや折れ目の入る可能性があります。 また、くれぐれも高価な家具や壁など、貴重品への吸着はさせないでください。ゆっくり剥しても被着体側を損傷させる恐れがあります。  

    ※一部の樹脂(軟質塩ビ・ABS樹脂など)や塗装面(特にアクリル塗装面)、プリント柄の壁紙へは,ご使用にならないでください。

    ●掲示物を傷めず剥すには】

    特に紙類の掲示物を傷めず剥すには、予め掲示物の裏面にPETラミネートフィルムかPPテープをしっかり貼り付けた上から吸着シートを貼ると、剥す時に綺麗に剥すことが出来ますので、お勧めします。

  • ×

    ピタゾーをポスターの四隅に小さく貼っただけではこの収縮によって剥がれてしまう場合があります。 ピタゾーを帯状に大きめにカットして多めに貼るようにして下さい。

    四隅に小さく貼っただけでは紙の
    収縮によって剥がれるかもしれません。

    このようにピタゾーを大きめにカットし、
    数も多めにご使用ください。


ページの上部へ